フォーエバースポーツ

南米サッカー情報、現地の様子などをお届けします

ブログを更新しました! Just Updated My Blog!【インドネシア バリ島まで久しぶりの赤道通過】

2017年01月24日

dsc_6269_20879716413_o

数十年振りに赤道を越えて、インドネシアのバリ島へ行った。
いつもの渡航先=仕事先が北半球に集中しているため、南半球へのフライトは本当に久しぶり。

dsc_6066_21312689070_o

航空機はガルーダインドネシアのボーイング777-300ERで、最新のスタッガードシート。
昨年の秋に利用したカタール航空のスタッガードとは配列が違ってはいたが、まぁまぁそこそこのサービスであった。

dsc_6085_21489664432_o

ガルーダのビジネスは非常に人気があり予約を取るのに大変だが、ようやく並び席ではないが一応2席の確保ができた。

9月のバリはベストシーズンと言われている。
凡そ30年ほど前とは違い、既に俗化された観光の島で、それほど期待しない旅だったが、ワルン=屋台でのサテやナシゴレン、イカンバカールなどのバリ料理には少しだけ期待した。

dsc_6132_20878016724_o

dsc_6241_21474592196_o

デンパサール国際空港は、シンガポールやマレーシアなどの近隣空港を乗継地としたローコストキャリア(LCC)の就航で、日本およびアジア各国からの渡航客も急激に増えた。
LCC各社が直販している早割りで、信じられない位破格の超格安ツアーが蔓延してしまったおかげで、従来通りのパッケージツアーが全く売れなくなった事実がある。

だからと言うワケでもないが、日本人の多くが宿泊する人気のビーチエリアを敢えて避け、サンライズで有名なビーチの、欧米人が多く宿泊するややこじんまりとしたコテージをキープした。
サヌールビーチは元々静かな漁村だったらしく、お世辞でもキレイとは言えないが、コテージの大人専用のプールはかなりノンビリできてとてもヨカッタ。

dsc_6164_21474546426_o

dsc_6151_21312723610_o

今回の旅の目的は、ライスフィールド=棚田を見ること。
大昔にウブドやサヤンへは何度も宿泊しているが、長閑だった良い頃とは違い、サヌールからは少し余分に時間がかかるが、まだまだ知られていないバリ東部のカランガッサムやイセー、シデメン。
中部タバナンのMASTER CARDのCMで一躍脚光を浴びたジャティルイに行ってみた。

dsc_6194_21509426471_o

dsc_6213_20879688383_o

dsc_6222_21500834615_o

カランガッサムやイセー、シデメンのライスフィールドは、嘗てのウブドと同じく村の中にコテージやレストランが点在し、自然との共存滞在が約束される。
“素朴さ=何もしない贅沢”を求めるヨーロピアンが多いようだ。
A/Cやホットシャワーの完備がない、シンプルな部屋は決して快適とは言えないが、それらを好むツーリストにはもってこいの場所だと思う。

dsc_6203_20878057584_o

ビーチエリアの雑踏に飽きたツーリストが、静けさと自然を求めて中部の山岳地帯に必死に逃げたのはもう昔話。
その辛うじて逃げ延びた先でも、今となっては本来の目的が失われ、ツーリストは更に開拓されていない偏狭の地へと移り動く。

 dsc_6236_21312774310_o

dsc_6137_20879644033_o

バリ東部の良さがいつまで保たれるかはわからないが、もはや時間の問題だろう。
インドネシアの中でも、少し遠いが北スマトラの湖か、危険いっぱいだが北スラウェシ島のビーチにでも行かなければ、非日常を体験するのはいささかムリかも知れない。

こちらのブログもチェック!


南米サッカー留学の
お申し込み・お問い合わせ

将来プロサッカー選手の目指す方、海外のサッカーチームへの留学をお考えの方、お気軽にご相談ください。
お一人お一人、またご家族様のご要望をお伺いし、費用など最適な留学プランをご提案させていただきます。

フォーエバートラベル

運営会社 : フォーエバートラベル

愛知県名古屋市中区栄2-14-5 山本屋本店ビル2階

東京都港区西新橋1-16-14 宮川ビル4階

TELL: 052-201-0381

Vamos a Fútbol Sudamérica !!


フォーエバースポーツは、将来サッカー選手になることを夢見る青少年の、
南米サッカー留学を全力でサポートします。